皆さんこんばんは。今回は、先日行った鹿川について書きたいと思います。

西表島の鹿川といえばまさに秘境中の秘境で、キャンパーの憧れの地としても知られています。昔は集落があったみたいですが、今は廃村になっていて、船浮から行くのも、南風見田の浜から行くのも遠く、トレッキングで行く方法と、海から船やカヤックで行く方法がありますが、南海岸と西海岸の端に位置し、とにかくアクセスしずらい場所です。僕の地元の北海道で言うならばトムラウシ山と言った所だろうか。西表島に来てからず〜っと行きたかった場所ですが、ようやく行くチャンスが巡ってきました。

今回も相方と二人で行くことに。相方は一般の女性と体力はさほど変わらないが僕がいろいろ連れまわしているおかげで長距離を漕ぐのも、だいぶ慣れてきている。しかし荒れたハードコンディションだと連れて行くのは危険。まさにここだ!というタイミングで行くのがベスト。天気予報とにらめっこしながらそのチャンス待っていました。

南風見田の浜では、たまたまパピヨンの山本さんに出会い、(おっ!車でドライブじゃなくてカヤックでデートかい!いいね〜)と声をかけられました。これから漕ぐ距離を考えると、こんなデート嫌だろうなと思いながら、山本さんに出会ったことによりさらに気合が入りました!

ボーラグチ

予報通り南海岸はべた凪でした。前回のトウフ岩に行った時の反省を生かし、今回はボーラグチから外洋に出て一気に鹿川まで行こうと思っていたので、ボーラグチから外洋へ。この日の外洋は透明度も高く穏やかで漕ぎ易かったです。

快調なすべりだし。

前回のトウフ岩も外洋から見えました。ちょうどハイミダを出て1時間くらい。途中亀さんがたくさん顔をだしてくれたり、まさかのカツオ鳥も出迎えてくれました。

素晴らしい透明度

透明度の高い海を漕ぐのは最高に気持ち良いです。

大浜

さらに1時間ぐらい漕いで、さすがにぶっ通しはキツイと思ったので、途中の浜で休憩、ここは調べたら大浜という所みたいです。

亀の足後

亀の産卵の後がありました。

水場

沢筋もしっかりあり、水場も確保できるのでキャンプをするのにはよさそうです。誰かが設置したようなパイプが。なぜかロマンを感じる。

遠くに落水崎と鹿川湾

ここまで順調にきていましたが、鹿川湾が近くなるにつれて、思いがけない強風が!?なぜ?この日はずっと穏やかな海を行けると思っていましたが甘かった‥。行くてを拒むように北風がウダラ方面から谷間を抜けて、山から吹き降ろしてきます。時にはパドルが飛ばされるのではないかと思うくらいの突風が‥。う〜んこれだから自然は面白いし、怖いなぁ。ここでチンしたら沖合に一気に流されそう。これは地形がもたらす局地風おろしというやつなのか?ボーラ現象?まぁ何にしろ北風が強い時、ここは注意ですね。

エメラルドグリーン

浜が見えているのになかなか着かず苦戦するも、ようやく幸せな光景が!!いよいよ鹿川湾到着です。この時すでに13時頃。片道3時間ほどの漕ぎになりました。距離は約13キロほど。

鹿川の浜

念願の鹿川。まさに聖地といっても過言じゃない場所でした。なんとも言えない独特な空気が流れています。

記念撮影

今日は下見ということで、、時間もあまりないで、急いでご飯を食べて、早速潜ってみることに。

白砂とサンゴ

砂地とサンゴが美しい。西表島でも海底がこれだけ広い砂地とサンゴが見られる場所は少ないんじゃないだろうか。

美しい海の世界

冬になるとマンタもみられるらしいです。

船の残骸?

鹿川の浜からすぐの所に船の残骸らしき物が沈んでいた。

鹿川ではウブドー遺跡という物が見つかっており、紀元前から人が住んでいたと言われています。そしてこのエリアは、未だに手付かずの自然が残されていて、この現代においても、変わらずロマンを与えてくれる場所です。そんな場所が残されていることに感動と感謝の気持ちを覚え、願わくばこれから先もそうであってほしいと願うばかりです。

クイラ浜

素潜りを終え15時ぐらいに、鹿川湾を出発。途中クイラ浜という場所に寄り道。ここから鹿川方面に歩くと、(クイラ別れ)という場所で、大きな岩場があり、リーフが切れているため、トレッキングでの歩行は困難で、無理やり泳いで超えるか、高巻きをしなければならない場所らしい。いわいる難所です。もし機会があれば、ハイミダから鹿川を越えてウダラ、網取、船浮へと抜けるトレッキングもしてみようかなと思います。まだ先になるかとは思いますが。

帰りは風も収まり涼しく、快適でハイミダの浜までは2時間半ほどで着くことができました。合計26キロ近い漕ぎになり、良いトレーニングになりました。まぁなにより行きたかった場所に行けたというのが大きな達成感と満足感を得ることができました。

西表島南海岸

本格的なシーカヤックツアーに向けて、ガイド自身日々トレーニングをし、経験値を上げてまいりたいと思います。どこまでをツアーで行うかは検討中ですが、ワクワクするような冒険の共有をできるように、日々努めてまいりたいと思います。次はいよいよアイランドホッピングかまたキャンプでもしたいなぁ〜と考えています。また次回の冒険編をお楽しみに。