皆様今晩は。

いよいよ3月がスタート致しました。

短い冬も終わりようやく暖かい日が多くなってきた西表島。

あっという間に夏がやってまいります。

夏の人気アクティビティといえば、

やはり大見謝川での(キャニオニング)ですね〜。

まだまだ3月、暖かくなってきたとはいえ、

水は冷たいです。

寒さをもろともしない強者のみ

参加可能です!!もちろんウエットスーツは着ますよ〜。

ですがその前に!!!重要なお仕事!

フィールドの安全確認!!

大見謝川飛び込みポイント

決して、遊んでる訳ではありません‥‥。

大見謝川では、飛び込みポイントがたくさんあり、

面白い地形もたくさんあります。

冬の間に、増水で、川底に

流木や岩などたまってないかを、

実際に潜って確認致しました。

深いところで5M近くあるのではないでしょうか。

前日の雨の影響で濁りがあります。

実際に潜ってみることによって、

水中の地形や、大きな岩の場所を

改めて確認することができ、

安全なツアーを行う上でも

大変重要な作業になります。

水量は多め


今回は特に目立った流木などはなく

安全にツアーを行えそうです。

ですが、最後に万が一、突然の大雨による増水や

鉄砲水により、川を渡ったり、泳いで出口まで

帰ることが困難になった場合のための

エスケープルートの確保、ログ打ちを致しました。

GPS ログ

最終飛び込みポイントからの、エスケープルートになります。

ここが一番重要ではないでしょうか。

IOSRのメンバー 海歩人代表 中川さんが

残してくれたであろうテープを発見し、

それを頼りに、正確なログをうつことが出来ました。

いつもありがとうございます。

さて!これでいつでもキャニオニングが出来ますね〜。

皆様のご参加お待ちしております。

セーフティリサーチの道は

まだまだ続きます。