皆様今晩は。

3月25日 春の西表島はなんと‥寒い日が続いております〜。3月は天気の移り変わりが非常に早いです。今日も前線の通過とともに南風から北風へ
そんなニンガチガジマーイ(2月風廻り)にご注意を!!

さて今回のブログはそんな春に見られる比較的メジャーな花をご紹介致します。西表島の植物シリーズ第一弾です。まずはこちらの写真から

聖紫花(セイシカ) ツツジ科 
見頃は3月花言葉 (自制心、(自尊心)

日本では石垣島と、西表島でしか自生しておらず、幻の花とも言われていま す。是非一度は見て見たいですよね〜。

続きましてこちら!

サキシマツツジ 見頃3月

石垣と、西表島に分布する固有種で絶滅危惧種にも指定されています。こちらも3月に見ることが出来ます。
次は素敵な香りのこの花です

クチナシ 2月下旬〜4月中旬に開花する

この花をみると春がきたって感じがしますね〜。甘い香りと共に良い季節がやってきます。そして最後はこちらになります。

カショウクズマメの花
マメ科2月〜3月に開花する。

ヤエヤマ諸島と台湾に自生しております。個人的な一番カッコよくて好きですね〜。こちらはサヤもつけてモダマのような種が出来ます。今度拾いに行って見ようかなぁと思います。これからも珍しい西表島の動植物などアップしていきたいと思います。

植物を見るなら沢登りや、トレッキングツアーがおすすめです。

それではまた次回をお楽しみに〜。