皆様今晩は。4月4日の西表島は

またもや雨模様…ブログを書くときはいつも雨模様な

気がします。

しかし西表島にもついにアカショウビンが渡ってきましたよ〜。

まだ姿は見えないですが、日没や、日の出前に

美しい鳴き声が聞こえてきます。

なんとサガリバナも咲き始めました。

良い季節の訪れを感じますね。

さて今回は、この時期みられる西表島のお花達を

紹介したいと思います。

まず最初はこちら

月桃(ゲットウ)

◆ 科・属名 ショウガ科 

◆ 原産地日本、中国、台湾、インド

◆ 開花時期4月〜8月頃

◆ 別名 サニン、サンニン

◆ 花言葉 爽やかな愛

僕個人的にはかなり好きですね〜。

花だけではなく、葉はなんとも言えない

良い香りがして、心を落ち着かせる効果があるとか

ないとか・・・とにかく色んなことに利用されている

すごい植物なんです!

ゲットウ茶もオススメです!

詳しい説明はツアーの時にでも!!

続きまして…次のお花はこちら!!


桜蘭(サクララン)

◆ 科名・属名 ガガイモ科、サクララン属

◆ 分布・生産地 九州(南部、沖縄、台湾、熱帯アジア)

◆ 花期 6月〜10月

◆ 花言葉 人生の出発、人生の門出

まさに今の自分にとってぴったりな

花言葉ですね〜。4月は新たな始まりの

月でもありますね。平成の最後は気張っていきたいものです。

桜のような花と、ランのような葉をしているので

サクラランと名前がついたようです。

しかし!!!ランではありません。

西表島では少し早めに咲くのでしょうかね。

さて続きまして、マニアにはたまらないこちらです。

ヤエヤマヒメウツギ

◆ 科名 アジサイ   絶滅危惧種IB

◆ 分布 西表島

◆ 3月〜4月に開花

こちらの花はなんと西表島でしか見られない、完全なる

固有種になります。

西表島でしか見られないなんてロマンがありますね。

さらに生えているのは、岩場や断崖になります〜!

西表島の奥地でしか見られない訳です。

採取は禁止ですよ〜。

その他ざっくり紹介します〜

ギョクシンカ


◆ 科名 アカネ

◆ 分布 九州中部以南、沖縄、台湾

◆ 区分 木本類

カラコンテギリ

◆ バラ目、ユキノシタ科

◆ 分布 屋久島以南、琉球列島、台湾、中国

う〜んマニアックすぎて情報があまりなし〜

時間のある時にゆっくり調べます。

まだまだ行きますよ〜

シャリンバイ 別名モッコクモドキ

◆ バラ目 バラ科

◆分布 沖縄以南の琉球列島、台湾中国南部、インド、タイなど。

あま〜い匂いが漂ってきそうですね〜

まさにお花見の季節ですね〜。

この時期はやはりお花が多いです〜

花を見るなら3月、4月の西表島も良いですね〜。

おまけにもう一つ

フトモモとオオゴマダラ

◆ フトモモ目 フトモモ科

◆ 分布 屋久島以南の琉球列島、インド

フトモモ好きな僕にとってはたまらんですな〜

果実はローズアップルと呼ばれバラに似た香りを放ち

美味しいです。

フトモモの実

今度泡盛につけてみようかな〜。

ざっくり紹介しましたが、まだまだ西表島には

珍しい植物がたくさん!!

少しづつ紹介していきますね〜。

平成最後の1ヶ月を楽しんでいきましょ〜。