皆様今晩は。 西表島 は暑い日が続き30度を越す日が続くようになってきました。いよいよ本格的に夏シーズン到来ですね。

今日の記事はなんといよいよ 洞窟探検 。西表島は山や川そして海だけではございません。石灰岩土俵が多く残るこの島では、なんと洞窟 が数多く存在します。まさに最強のアクティビティの島なんです。

今までは恐れ多くなかなか足を踏み入れなかった 西表島の洞窟 ですが、今回は 最強のアクティビティの一つ ケイビング について書きたいと思います。ケイビングをやるには、動きやすく周囲に引っかかりにくい服装(つなぎなど)ヘルメット、ヘッドライト、手袋等は必須になります。今回はパイヌマヤレジャースタッフと共に洞窟のフィールド調査に行ってきました。

装備を整え洞窟へ出発です。

つなぎを着るだけで、まるで職人になったかのような気分になりテンションは上々、意外なつなぎの快適さに驚かされます。全身が守られているような感覚でやはりつなぎは必須ですね。ジャングルの中を歩いて行くとその先に突然洞窟の入り口が現れます。

洞窟からのジャングルの景色にパイヌマヤスタッフも大興奮でやはり洞窟のインパクトの凄まじさに気付かされました。そしてシャッターを押すのが楽しすぎます。ガイドも大興奮の景色がそこにあります。西表島の奥深さを再認識しました。今回撮れた洞窟の写真をいくつかご紹介しますね。

シルエット

こんな場所も通ります

う〜ん照明が難しいですね。 洞窟写真 は奥が深いです。またギアがほしくなりました。

いろんなアングルを試す。
狭い道を行くドキドキとワクワク感

う〜んまだまだ修行がたりませんね〜。また絶対近いうちに洞窟写真をトライしに行きます。行った感想はただただ楽しすぎました。これは是非 パウダーリーフ のツアーにも組み込みたいと思います。洞窟探検ツアー 楽しみしかないです。そもそも洞窟へのきっかけをくれたのは、ガイドの大先輩でもあり、IOSRのメンバーでもある 海歩人 の中川さんと西表島POLEPOLE の岡さんの影響が大きいです。日本ケイビング連盟西表島支部 としてより高い技術が求められる、洞窟でのレスキュー訓練など行っており日頃からのセイフティーリサーチ活動などあげたらきりがないほどの活動内容に頭があがりません。本格的なケイビングツアーをするなら是非おすすめです。

長くはなりましたが、洞窟という新たなフィールドにもを踏み入れ、探求の日々が続きそうです。

パウダーリーフでケイビングツアーをするなら、キャニオニング&ケイビングツアーがお勧めです。

それではまた!次回をお楽しみに。