皆さんこんにちは。4月22の西表島は、夜も蒸し暑くなってまいりました。

もう少しで梅雨ですかね〜。

さて4月の後半戦 パウダーリーフ の活動としては、

夜のフィールド調査第3段行ってみたいと思います。

すでに八重山ホタルの時期は終わりが近づいておりますが、

西表島の夜の生き物 達はこれから徐々に活発になって参ります。

最近はちょこちょこ仕事終わりに、

西表島の東部エリア でのポイント開拓に行ってます。

ナイトツアーに関しては、日々の積み重ねが重要ですね。

そこで見られた生き物達をいくつかご紹介致します。

サキシマハブ

◆分布 西表島、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城、嘉弥間島

◆体調 60〜120Cm

蛇好きにはたまらない?やはり夜の沖縄といえばハブですよね〜

もちろん毒があるので注意が必要です。八重山列島の固有種になります!

怖いけど見たい!そんな生き物ですよね。次がこちら

ヨナグニサン

◆分布 西表島、石垣島、与那国島、台湾、東南アジア

◆前翅長 100ー130mm

世界最大級の蛾にして日本最大の蛾

羽先は蛇に擬態して捕食者を撃退する。モスラのモデルにもなったとか。

これはヤマネコばりに見られたらレアです。見つけた場所は秘密でごさいます〜。

リュウキュウコノハズク

◆ 分布 台湾、日本(奄美大島以南)フィリピンなど

◆ 全長 22cm

見られたら嬉しい リュウキュウコノハズク さんです。

かわいいですよね〜夜の西表島では比較的多く見られます。

さて最後はこちらです!!

ヤエヤマアオガエル、リュウキュウカジカガエル

(ヤエヤマアオガエル)

◆分布 西表島、石垣島(日本の固有種)

◆体長 雄4、0〜5、0cm  雌4、5〜6、0cm

(リュウキュウカジカガエル)

◆分布 台湾、日本(奄美諸島、沖縄諸島、トカラ列島)

◆体調 雄2、5〜3、5cm 雄3、0〜3、7cm

!?これは交尾中でしょうか?

そもそもカエルって別種と交配するのでしょうか?

う〜ん謎は深まるばかり。こんど調べときますね。

こんな珍百景が見られる夜の西表島!

まだまだ魅力がいっぱいでございます。

また少しづつ紹介できればと思うので

次回もお楽しみに〜。