皆さんこんにちは〜。バタバタと始まった夏シーズン。皆様いかがお過ごしでしょうか?久々のブログの投稿になりますが、今回はキャニオニングついて書きますよ〜。

この暑い夏をさらに熱くするそんな 夏の西表島 最強アクティビティーツアー
キャニオニング が最高に気持ち良い季節です。終わる頃には涼しくなること間違い無し!!

そもそもキャニオニングとはなんぞや?聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますので、少しだけ詳しく書きたいと思います。

まずは発祥の地は、フランス南西部のピネレー山脈 スペインとの国境付近の山岳地帯らしいです。キャニオニング誕生までの背景として、1870年代、探検家達の間でヨーロッパの主要な山岳ルートのほとんどが、登り尽くされたころ、目に見える目標のなくなった探検家は誰も見たことのない景色(未踏の地)を求め山からケービング(洞窟探検)へ、さらには渓谷の中にケーブ(洞窟)がないか探し始めたそうです。

そうして渓谷を探索するうちに、渓谷自体が、未開拓地であることに気が付いたらしい。当時の探検家にとってキャニオニングは未踏の地を探す為の手段だったという事なんですね。

それがキャニオニングを目的として行うようになっていったわけです。※諸説あり,なんだか夢とロマンがありかっこ良いですよね〜。洞窟や渓谷がたくさんある西表島はまさにアクティビティのメッカ!!いろんなポテンシャルや可能性を秘めているのが 西表島なんです。

ウエットスーツなど装備が整い、日本に普及してきたのは、1998年頃でしょうか、そして今西表島でも夏の大人気ツアーとして盛んに行われています。

でも安心してください探検家のような、大きな滝を下ったり、ロープを使っての懸垂下降などはしません。小さなお子様から(小学生低学年)から大人まで幅広く楽しみめる内容になっています。

ケービング(洞窟探検)キャニオニングなど新たな探検の入り口としてその楽しさを伝えることができたらなと思いツアーをおこなっています。もちろん小さなお子様でも装備などは妥協しませんよ。基本夏でも、ちょっとしたすり傷などから肌を守るためにウエットスーツも着用致します。夏でも意外と川の水は冷たく、生身で長く浸かっていると寒くなってしまうことがよくあります。水に浸かるまでは、暑いですが、水に入ってしまえば快適に過ごすことができるのでおすすめです。まるでサウナの後の水風呂のような気持ち良さです。

最後に装備やツアーのイメージを少しだけ写真でご紹介致します。

小さなお子様でも完全装備
キャニオニング装備をする自体が非日常で
みんなで着たらそれだけでテンションがあがっていきますよ〜。
ゴープロが映えます
滝に打たれながらも
天然ウォータースライダー
簡単なロッククライミング

もちろん飛び込みも!

最後は間違いなく涼しくなること間違い無し。

満足度の高いツアーとなります。

カヤックツアーとのセットがおすすめです。

10月ぐらいまでは楽しめますよ〜

是非お問い合わせお持ちしております。