皆様こんにちは。今回は【春の西表島】について紹介したいと思います。西表島の春の気候や、お勧めのツアーなども説明していますので是非旅の参考にご覧になってください。

この記事を書いたライターについてはこちら

パウダーリーフについてはこちら

春の西表島3月、4月頃で絶対にお勧めのツアーとは?

西表島のフィールドは周囲がおよそ130km、面積がおよそ284、4k m2で沖縄県では二番目に大きな島です。

西表島には平地が少なくほとんどが山岳地帯で島の中央には最高峰の古見岳(469M)をはじめ300メートル級の山々が連なっている。これらの山々から大小合わせておよそ40本の川が広がり、サンゴ礁の海へとそそいでいます。

海水と淡水が混ざり合う汽水域が多く存在する西表島の川では、沢山のマングローブ林が発達しており中でも西表島の東部にある仲間川では日本最大のマングローブ林が存在しています。

そんな大自然が残る西表島では様々なアクテビティーを楽しむことができます。まずはマングローブ林を楽しむカヤック、カヌー、サップを初め、海を楽しむシーカヤック、シュノーケル、ダイビングなどのアクティビティーから滝を目指すトレッキング、沢登なども楽しめます。

なんとさらに洞窟を探検するケイビングや川を降って楽しむキャニオニングなどもできてしまうアクティビティーのメッカのような島なんです。

そんな数あるアクティビティー、ツアーの中から3月から5月頃まで絶対に参加した方が良いお勧めのツアーを紹介致します。

それはずばりこれです…!?

ヤエヤマヒメボタルツアー

ヤエヤマヒメボタル(ヤエヤマボタル)は日本では石垣島や西表島などの八重山諸島でしか見ることができないと言われています。日没からわずか30分間ほどしか光らないこのホタルは大変珍しく、見るものを感動させてくれます。3月後半や4月下旬頃がピークで一面ホタルに包まれることもあります。是非3月から4月中旬頃までに西表島に旅行を考えてる方は、ヤエヤマヒメボタル鑑賞ツアーにご参加ください。人生で一度は見てみたい景色がそこにあります。

ヤエヤマヒメボタルについてはこちら

12月〜2月の冬の西表島についてはこちら

春の西表島の天候は?

西表島の1月、2月はまさに厳冬期で北風が強く雨の日ばかりで晴れる日が少ないです。まさに西高東低の(冬型の気圧配置)が続きます。3月頃になるとようやく晴れる日も増えてきて、移動性高気圧と低気圧が短い周期で沖縄付近を通過するようになります。暖かい日は気温も30度近くなる日もあり夏日を楽しめるでしょう。しかし3月はまだまだ寒い日も多く天気が急激に悪化しやすいので注意が必要です。

3月の西表島を襲うニンガチガジマーイとは?

旧暦2月頃に東シナ海で低気圧が発生し、これから伸びる前線が沖縄地方を通過することがあります。この低気圧はとても早く移動するため、風向きが急に南風から南西、西風と変わっていき最後に北風に変わり気温も下がります。風速も上がり海は大しけとなり突風が吹いたりもします。

この風の急変をニンガチガジマーイ(2月風廻り)といい過去に多くの海難事故が発生しているので注意が必要です。

この時期のシュノーケル、ダイビング、シーカヤックツアーなどは注意が必要で状況によっては中止になることがあります。

春の西表島の服装は?

基本的な格好はTシャツに短パン、サンダルなどの軽装で大丈夫ですが、天気が荒れることも想定してカッパやレインウエアー、気温が下がった時に羽織れるパーカなどはあった方が安心です。

また晴れると紫外線が強く、長時間外にいる場合は肌の露出をなるべく避けた格好が無難です。ラッシュガードにサーフパンツ、レギンスなどの組み合わせがお勧めです。

3月、4月の西表島は海は泳げる?

なんと八重山では3月に海開きを毎年行っています。天気に恵まれ晴れると夏日になり30度近くも気温が上がる日もあります。しかしまだまだ天気は変わりやすく荒れた日が多いです。海開きの日は毎年天気が悪いイメージです。また海水温も低いので生身で泳ぐのはかなり気合が必要かと思います。2ミリから3ミリ程度のウエットスーツがあれば快適に泳いだりシュノーケルなどを楽しむことができるでしょう。

ダイビングツアーやシュノーケルツアーに参加して頂けるとその時期に適したウエットスーツをレンタルしてくれるのでシュノーケルツアーなどに参加してみてはいかがでしょうか。

春の西表島で参加できるツアーとは?

三月前半はまだまだ川の水も冷たく2ミリのウエットスーツをきてもキャニオニングツアーは厳しいですが(それでも行くという方は対応致します)4月頃になると大分暖かくなりウエットスーツを着ればツアー中、川の中にいるキャニオニングツアーも可能になります。4月頃になれば、ほぼ全てのツアーが参加可能になるでしょう。

お勧めのツアーもいくつかご紹介致します。

期間限定ヤエヤマヒメボタル鑑賞ツアー

◆一律1名様 ¥4,000+税

◆18:30〜20:00(役2時間)

◆2月下旬〜4月中旬まで

【早朝サンライズカヤックツアー】

◆朝食付き¥13,000(税別)

◆朝食なし¥8,000(税別)

ナーラの滝カヤックツアー

◆チャレンジコース

お一人様¥15,000(税別)

半日カヤックツアー

◆午前、午後と気軽に楽しめるツアーです。

お一人様¥8,000(税別)

【ゲータの滝沢歩き&カヤックツアー】

◆6時間半程度

◆ランチ付き
¥13,000(税別)

【三段の滝トレッキングツアー】

◆6時間半程度

◆ランチ付き
¥13,000(税別)

ヤエヤマヒメボタル鑑賞やマングローブカヤック、沢歩きなどお勧めのツアーが盛り沢山です。また早朝カヤックも魅力的です。是非お気軽にお問い合わせください。ご予約は上のボタンからツアーページに飛ぶことができます。

春の西表島の魅力は?

春の西表島は沢山の木々が多い茂り緑がより濃く豊かになるうりずんの季節。この西表島でも様々な植物の花が咲き見頃を迎えます。トレッキングツアーなどで森の中を歩いていると沢山の出会いがあるでしょう。

西表島の春の植物は春のお花シリーズで紹介しています。気になる方は是非ご覧になってください。

お花シリーズはこちら

セイシカの花

また4月になると東南アジアの方からリュウキュウアカショウビンが飛来してきます。西表島はリュウキュウアカショウビンにとって重要な繁殖地です。

なんとも言えない独特な綺麗な鳴き声が夏を運んできてくくれるそんな気がします。

五感をフルに使って楽しめる4月は西表島のベストシーズンとも言えるでしょう。

リュウキュウアカショウビン

まとめ

いかがだったでしょうか、個人的には4月の西表島はリュウキュウアカショウビンも見られるようになり、暑すぎず、寒すぎずとても過ごしやすいのでかなり好きな時期です。是非春の西表島に来るならヤエヤマヒメボタルを見にきて五感いっぱいで楽しんでくださいね。

それではまた次回をお楽しみに。