西表島にはカヤック(カヌー)滝を目指す沢登りツアーケイビングツアー、キャニオニングなど沢山日中のツアーがありますが、実は夜の西表島にも多くの魅力があり、現地のガイドさんと楽しめるナイトツアーなどがあります。今回はナイトツアーの魅力について説明していきたいと思います。

目次

西表島の星空の魅力とは?

まず最初にナイトツアーの魅力としてあげられるのが、なんと言っても世界トップクラスの星空です。この西表石垣国立公園は2018年4月に国内初の星空保護区に指定されています。星空保護区とは、国際ダークスカイ協会(IDA)によって、公害のない暗く美しい星空を保護するために設立された認定制度です。アジアでは韓国(英陽ホタルエコパーク)に続いて二番目に登録されました。世界では現在90箇所近く登録されています。世界でも貴重な星空スポットなのです。

西表島で南十字星も見られるの?

西表島は含め八重山は北緯24度に位置することから、夜空にある88星座のうち84の星座が観測でき、日本では唯一、南十字星が見ることが出来ます。見られる時期は、1月から6月頃までで、星座が一番高い時刻(南中時刻)に見る事が出来ます。1月〜2月は朝方に、3月〜4月は深夜に、5月〜6月は21時前後と比較的早い時間帯に見る事が出来ます。西表島では南に位置する東部エリア(大原方面)で観測する事が出来ます。南十字星を見るなら波照間島もお勧めです。

写真好き必見!?西表島は星空スポットの宝庫?

オリオン座とヒカゲヘゴ

集落以外ほとんど街灯のない西表島は少し移動すれば星空スポットが沢山あります。ナイトツアーではガイドが厳選した星空スポットや、なかなか普段は行けない亜熱帯の夜の森などにお連れ致します。フクロウや虫の鳴き声を聴きながら見る星空はまた格別な物があります。大きなシダ植物と一緒に星空にカメラを向ければ、西表島らしい星空写真が撮れる事間違いなしです。

サトウキビ畑と星空

沖縄といえばサトウキビ畑、そんな沖縄らしい写真が沢山撮れます。夜はほとんど車も通りませんので、農道などでは椅子を出してのんびり星を眺めたり、大胆に寝そべって星空を見るのも良いでしょう。※西表島には毒の持ったハブがいるので当たりをよく確認して観察してください

天の川を見るなら西表島がお勧め?見やすい時期は?

やはり星空といえば天の川が見たいですよね。西表島では天の川のことを(てぃんがーら)と言ったりもしますが偏西風の影響を受けない西表島は大気がとても澄んでいて星が瞬かずハッキリと見る事が出来ます。特に7月〜10月までは晴れの日も多く天の川が見やすいお勧めの時期になります。きっと沢山の流れ星も見られる事でしょう。

天の川をバックに記念撮影

西表島で綺麗な星空を見るために注意する点は?

晴れているのに星がよく見えないという事がありますが、それは月の明かりが大きな影響を与えています。特に満月前後は星を見るのには最適ではありません。満天の星空を見る場合は、月齢を確認し新月の日を狙うか、月の出、月の入りの時間帯を調べて、月が出ていない時間帯を狙うのが良いでしょう。また12月〜2月いっぱいまでは北風が強くなる日が多く雲がかかりやすくなります。晴天の日や星空を狙うのは難しくなります。

冬の西表島で星空を見るには?お勧めの時間帯とは?

では冬に星を見るのは全く無理かと言われると、そうでもありません。比較的朝方は穏やかな事が多く晴れる事があります。冬に西表島にお越しの場合は、少し早起きをしてみてはいかがでしょうか。星空も見る事ができる早朝ツアーに参加するのも良いかもしれません。天気の良い日は、日の出も見られてさらにお得です。

早朝ツアーは、早朝カヤック(カヌー)早朝トレッキングツアーなどがあります。ツアーページには下のボタンから飛ぶ事が出来ます。

西表島のナイトツアーで星空写真ってもらえるの?

ツアーで撮った写真は全て無料でプレゼント致します。FacebookInstagramなどのSNSでご自由にお使いいただけます。またカメラ持参のお客様にも対応可能です。撮影時間などを設ける事が出来ます。忘られない思い出を作るために全力でサポート致します。是非お気軽にお問い合わせください。

星空だけじゃない!?西表島ナイトツアーの魅力とは?

豊かな自然が残るこの西表島は日本でもトップクラスの生物多様性の島と言っても過言ではありません。山が連なり、川が流れ、亜熱帯の森から、マングローブ林、干潟やサンゴ礁の海まで、植物や昆虫、動物などの繋がりを感じ、豊かさを学ぶ事が出来ます。西表島には南国らしい生き物や、西表島でしか見られない生き物達が沢山います。日中はなかなか見ることの出来ない夜行性の生物や、日中活発に動いている生き物も、擬態したり木などに隠れて、ゆっくり休んでいるので、夜になると観察しやすくなります。ナイトツアーでは熟知したガイドさんが、安全な観察の仕方、見つけ方、なるべく生き物達に負担をかけないように、生き物と触れ合う楽しさを教えてくれます。大人の方でもまるで少年のようにドキドキ、ワクワクしながら、珍しい生き物達に出会えた感動や、喜びはきっと忘られない思い出になるでしょう。人が本来持っている能力や感覚を研ぎ澄ます事ができるのもナイトツアーの魅力の一つです。

イリオモテヤマネコって見られるの?

特別天然記念物のイリオモテヤマネコは、夜行性で日中目撃することは極めて稀です。夜レンタカーを借りて探し回るか、ナイトツアーに参加するのが良いでしょう。歩きながらや、森などに入って探すのは危険が伴いますし、ヤマネコは、耳や鼻が非常に良いので、人が気づく前に先に逃げてしまいます。季節問わず通年見る事が出来ますが、ナイトツアーに参加したとしても一度の旅行で見るのは相当難しいのが現状です。ヤマネコが見やすくなる時期としては、繁殖期の12月〜3月にかけて、また出産を終えて母猫が子猫を連れて歩き出す6月〜7月頃が目撃情報も多くなります。子猫は警戒心が薄く好奇心が強いので、見られるチャンスです。しかし毎年交通事故が増える時期にもなり、レンタカーを運転の際は注意が必要です。ヤマネコの目撃情報が多いスポットや、見やすい場所は、その時によって変わります。ヤマネコの見たい方はよく熟知したガイドさんに聞くか、ツアーに参加するのが良いでしょう。

イリオモテヤマネコは探す物じゃなくて出会うもの?

絶滅危惧種に指定されているイリオモテヤマネコ。その数も100頭前後と言われ毎年交通事故も多発しています。ヤマネコ保護の観点から、ツアーでは必要以上に追尾したり、ライトを照らしたりはしません。人に慣れさせることは、交通事故の原因の一つとしてあげられます。なので一瞬でも見られたらとても幸運です。ヤマネコが現代まで生き抜いてきた事自体が奇跡のようなものでまさに生きた化石と呼ばれています。そんなヤマネコが生息する島にいるというだけでワクワク、ドキドキしてきますよね。例え見られなくても、イリオモテヤマネコの存在を感じ、胸を踊らせれば、不意に会いにきてくれるかもしれません。ヤマネコ以外にも沢山の珍しい生き物が道路に出てきます。レンタカーを運転の際などはヤマネコいるかもしれない運転でゆっくり走り、楽しみましょう。

ヤマネコだけじゃない!?西表島の人気の生き物とは?

西表島にはイリオモテヤマネコ以外にも珍しい生き物や、八重山特有の固有種、貴重な生き物が沢山います。なかには絶滅危惧種に指定されている物もあり、それらを観察することによって、自然環境や、盗掘、違法採取などにも関心を持って頂き、この素晴らしい西表島の自然が未来まで守られて行くことを願いツアーを行っています。

リュウキュウアカショウビン
ヤシガニ

さらに詳しく知りたい方は夜の生き物図鑑をご覧ください。

ヤシガニを探す動画はこちら!!

西表島の生き物の写真ってもらえるの!?撮っても良いの?

ツアーで撮った生き物の写真は全て無料でプレゼント致します。Facebookや、InstagramなどのSNSでもご自由にご使用出来ます。またカメラ持ち込み、撮影にも対応致します。基本的にフラッシュは使わず、ライトのみの撮影になりますが、良い写真が撮れるように全力でサポート致します。

リュキュウアサギマダラ

西表島の夜の危険生物は?安全対策は大丈夫?

夜は毒の持った夜行性の蛇サキシマハブがいる可能性があります。足元は十分注意して歩きましょう。パウダーリーフでは安全のため長靴を無料でレンタルしております。ツアーご予約の際は足のサイズをお知らせください。お子様用の長靴もレンタル可能です。沖縄本島のハブに比べて毒は弱いと言われていますが、噛まれると大変な痛みと腫れに襲われます。噛まれた場合は安静にして速やかに診療所に行きましょう。サキシマハブも好きな人にとってはナイトツアーの醍醐味ですが、観察する場合は一定の距離(1,5メートル程)を開けて観察しましょう

サキシマハブ

西表島ナイトツアーでの服装や準備するものは?

虫刺されなど気になる方は、長袖、長ズボン、レギンスなど、肌の露出が少ない服装が良いでしょう。冬場はカッパや、レインウエアーなどがあれば便利です。長靴、ライトは無料でレンタル致します。持ち物は虫除けスプレーなどあれば便利です。こちらも、ご用意しております。約2時間半のツアーなので、500mlの飲み物を用意しておくと安心です。

西表島のナイトツアーの中止基準は?雨でもやるの?

基本ナイトツーは、台風が接近した時、警報が出た場合、強風、視界不良になるほどの暴風雨になった場合は中止させて頂く事があります。冬場は気温が15度以下で晴れる見込みのない予報ですと中止にさせて頂く事があります。夏場は多少の雨では中止にはなりません。むしろ雨が降ると湿度が上がり生き物の活性が良くなり、生き物探しが楽しくなります。イリオモテヤマネコも雨天時の目撃が多いです。雨上がりのナイトツーは最高のナイトツアー日和になるでしょう。ただハブも出やすくなるので注意が必要です。

期間限定ツアーの魅力について

西表島は季節毎にナイトツアーの魅力が変わります。2月中旬〜4月中旬ぐらいまではヤエヤマホタル(ヤエヤマヒメボタル)の見られるシーズンになり、期間限定ホタルツアーが開催されます。ヤエヤマホタルは日没からわずか約30分間しか光らないホタルで、1秒間に2〜3回点滅するように光ります。多い時では当たり一面ホタルに包まれることもあり、幻想的な景色を見る事が出来ます。ただしライトや携帯など強い光を出してしまうとストレスを感じ光るのをやめてしまう事がありますのでお気をつけください。せっかくのホタルの出会いの場を邪魔しないように観察しましょう。良く熟知した現地のガイドさんに連れて行ってもらうのが無難です。

西表島のナイトツアーとホタルツアーの違いは?

ホタルツアーは、ナイトツアーと服装や持ち物などは変わりませんが、ホタルが光出す30分前にはポイントに到着するように出発致しますので、通常のナイトツアーよりも1時間程度お迎えの時間が早くなります。数あるポイントの中でその時の一番ベストな場所へお連れ致します。天気が良ければ、星空観察をしたり生き物探しもする事が出来るので大変お得なツアーです。ホタル観察後、さらにゆっくりナイトツアーをしたい方は、追加料金で延長も可能です。お気軽にご相談ください。

ヤエヤマホタル

サガリバナって西表島のナイトツアーでも見られるの?

サガリバナは夜に花が咲き始めるので、ナイトツアーでも見る事が出来ます。5月頃から咲き始め、11月ぐらいまで楽しめます。特に6月の下旬から、7月の中旬までがサガリバナのピークになり見頃です。ナイトツアーではサガリバナも魅力の一つとして、その時、沢山見られるポイントへご案内する事が可能です。早起きが苦手な方はナイトツアーでサガリバナを見るのも良いでしょう。

サガリバナ

早朝サガリバナツアーでは星空も見られるの?

期間限定早朝サガリバナツアーでは、4時お迎え、または4時半お迎えと選ぶ事が出来ます。まだ真っ暗な中カヤック(カヌー)を漕ぎ出し、晴れていれば、カヤックに乗りながら満天の星空が見る事が出来ます。さらにパドルを漕ぎ出せば、水面をキラキラと夜光虫が光出し美しい夜の世界を感じる事が出来ます。ゆっくりと流れていく時間を感じ鳥や虫達の泣き声と共に、空が赤く焼けてきて、朝焼けの時間も楽しむ事が出来ます。そして何よりも水面に浮いた沢山のサガリバを見れば一生忘れられない景色になる事間違いなしです。早起きが得意な方は是非期間限定サガリバナツアがおすすめです。

気温の低い冬でも西表島でナイトツアーはできるの?

西表島は11月後半頃から、北風が強くなる日が多くなり、1、2月になると気温が15度を下回る事もあります。冬の平均気温は20度前後ですが、暖かくなる日は27度近くまで上がる日もあります。しかし天気が悪い日が多くなり、満天の星空や、生き物の活性が悪くなる日が多くなるのも事実です。良い日に当たれば、今が冬だという事を忘てしまうくらい素晴らしい日もあるので、旅先で天気予報を良くチェックして、天気が良くなると分かれば素早くツアーの予約を入れたり、または天気が悪いとキャンセルするのも一つの手ではないでしょうか。パウダーリーフではお客様一人一人に寄り添った対応を心がけています。また2020年の今年の西表島の冬は暖冬で例年よりも暖かく、星空や綺麗な朝日を見られる日が多かったです。地球温暖化の影響などで少しづつ気候も変わり出してるのかもしれません。これからも深くリサーチし、より正確な情報を発進して参りたいと思います。より深く冬のナイトツアーについて知りたい方はしたのリンクから(西表島の冬のナイトツアーについて)のページに飛べますのでチェックしてみてください。

西表島の冬のナイトツアーについて

パウダーリーフのナイトツアーについて

パウダーリーフナイトツアーでは星空観察も、生き物探しにも力を入れています。時間も2時間半と長めに設定しており、お客様に合わせて、星空観察をしながらリラックスする時間を長くしたり、生き物探しの時間を長くしたり、見たい生き物のリクエストに応じてポイントを変更したりなど臨機応変に対応致します。通常のナイトツアーより料金設定が高くなっておりますが、その分、少数対応ができプライベート感が増します。本気で楽しむために、時間もお金も惜しまないというそんな方は是非パウダーリーフにお任せください。パウダーリーフについて深く知りたい方は下のリンクからご覧になれます。

パウダーリーフについて。

パウダーリーフのガイド紹介

パウダーリーフ夜のフィールド調査について

夏場はマジックアワーも楽しめる

西表島に泊まらないと味わえない夜の魅力を伝えるべく活動しています。ツアーの開始時間は19:30分から少し早めに開始し、5月〜9月ぐらいまでの間は、夕まずめ時、マジックアワーの時間からナイトツアーを楽しめます。日が沈み、空が真っ赤に焼け、薄らと星が見え始めてきたら、夜の生き物達が動き始め、時の移り変わりを感じる事が出来ます。西表島の日の長さを感じ、五感全てで西表島の夜を満喫して頂けるように努めています。

西表島のナイトツアーで癒しの時間?癒しナイトツアーとは?

パウダーリーフのナイトツアーで癒しの時間も大切にします。気温の低い冬の日などは、満天の星空を見ながら、暖かいコーヒやお茶を飲み西表島の黒糖を食べながらゆったりとした時間を感じる事が出来ます。夏場は旬のピーチパインを食べながら、喉の渇きを癒し、集中力を高めて生き物探しを再開します。パウダーリーフならではのおもてなしで、小さなお子様から、おじいちゃん、おばあちゃんまで幅広く対応致します。

西表島ナイトツアーでは送迎はしてくれるの?

送迎は指定の時間に各お宿にお迎えに参ります。基本、西表島東部地区、大原方面のみとさせて頂きます。(ジャングルホテルパイヌマやまでは送迎可能)上原方面に宿泊の方はレンタカーで指定の場所からご参加頂けます。

西表島のナイトツアーの魅力まとめ

ここまでざっと西表島のナイトツアーの魅力をご紹介してきましたが、まだまだ書ききれないほど伝えたい魅力が沢山あります。是非西表島に宿泊の際はナイトツアーにご参加ください。(良い時に良い場所へ)をコンセプトに自然と共に動く豊かさを伝えて参りたいと思います。

西表島パウダーリーフのナイトツアーに予約するには?

パウダリーフのご予約は下のボタンから予約ページに飛ぶことが出来ます。是非沢山のご予約をお持ちしております。